とある変人のお道具箱

技術系のことにについて幅広く触れていくブログです

Ubuntuのデュアルモニターで仮想デスクトップを動かす

UbuntuではCtrl+Alt+矢印で仮想デスクトップを移動できる設定になっています。 しかしデュアルモニター環境では、一つのモニターだけが仮想デスクトップ扱いになっていて、もう一つのモニターは新しく仮想デスクトップを作成することができません。 これでは非常に不便なので2画面とも仮想デスクトップとして扱えるように設定します。

Tweaksのインストール

Tweaksはシステムの外観をGUIから設定できるようにするアプリです。インストールしていない人は下のコマンドでインストールしましょう。

sudo apt install gnome-tweaks

         

設定

Tweaksを起動して、Workspaces>Display HandlingのWorkspaces span displaysにチェックを入れます。f:id:toaru_henjin:20200503114022p:plain

これで全てのモニターが仮想デスクトップとして扱えるようになりました。 Ctrl+Alt+矢印で移動してみてください。